不動産購入の進め

マンションや一軒家を購入することは、ほとんどの方にとって一生に一度の大きな買い物であり、選択を誤ればせっかく のマイホームを任意売却などによって手放す羽目になったり、欠陥などにより生活自体に悪影響を及ぼす事となるため焦 らず慎重に進める事が重要です。 しかし、軽い気持ちでオープンルームなどに足を運び、案内された営業マンに良いことばかり言われ予備知識もないまま 購入し、後悔する事も少なくありません。マイホームを買おうと決めたら、購入するまでに何が重要なのかを知ってお くと、計画も立てやすくミスが少なくなります。ミスが重なると先々住宅ローンなどの支払いが厳しくなって、競売 で家を失うか、任意売却の相談をして精算をするかです。

■ 売主は誰なのか?

マンションや戸建ての販売形態は、仲介物件か分譲物件に分かれます。
仲介なのか分譲なのかによって購入の流れや注意点が少し変わります。
競売物件や任意売却の物件は、一般的な売買価格よりも安く購入できます。

■ 分譲物件の場合

不動産会社が企画、建設会社に依頼し建物を建て、販売を受託した不動産業者がオープンルームやポスティングなどの販売 活動をします。新聞の折り込みなどでよく目にする、新築のマンションや地続きの敷地に何棟も立て販売する新築の建売住 宅はほぼ分譲物件です。

■ 仲介物件の場合

個人などの売主から依頼を受けた不動産会社の仲介により購入する物件です。 中古住宅や中古マンションが仲介物件になるのが一般的で、購入の際に不動産業者へ物件価格の3%程度の仲介手数料を支 払わなければいけなくなるので、確認しておかないと購入時に予期せぬ出費となります。

しかし、こういった手数料も売却価格から相殺されるケースがよくあります。実際に現金を用意することなく任意 売却はできます。不動産を売却する場合は、業者が全て行います。知識がなくても問題ありません。しかし、中には 悪質な不動産業者もいますので、高齢者の方は身近な人に相談するのも良いでしょう。

不動産の登記は不動産業者ではできません。通常売買であっても任意売却であろうと法務局での登記は、司法書士の資格を 持つ者が行わなくてはなりません。購入者が司法書士の資格を持っていれば、自身で登記手続ができますので、手数料を支払う必要が 亡くなります。