HOME > 失敗しない

住宅ローン、任意売却で失敗しない為に

住宅購入時に無理なローンを組まない

無理なローン

住宅ローンや任意売却で失敗しな為に一番必要なのは、住宅購入時に無理なローンを組まないという事。

いくら物件を気に入っても自分の収入や今後の人生計画の上で支払いに無理が無いかを認識すべきです。

例えば40歳の人が4000万の住宅ローンを組むのに最長でも75歳までとして35年しかありませんが5歳の人であれば75歳 までは50年もあり逆に45歳の人であれば30年しかありません。

この様にその時の年齢によっても違いますし、収入面でもある程度は予測のつく事です。

万が一、病気やけがなどで収入が減った場合や転職をしなければならないときなどの事も考えるべきでしょう。

収入に対しギリギリの支払いを設定してしまうと何かあった時に支払いが出来なくなります。

長い人生で何もない方ありえないと思うくらいがいいでしょう。

支払いが出来なくなり任意売却や競売を選択

また、計画をもって住宅ローンを組んだ場合でも、支払いが出来なくなり任意売却や競売を選択しなければならない事もあります。

その場合競売であればどうする事も出来ずある一定の期日が来れば強制的に立ち退かされることとなるでしょう。

任意売却はタイミングや頼む業者によっても違ってきます。

強制的に売却

任意売却を頼むとなると不動産業者という事になります。

業者によっても客付が得意な業者や、金融機関との交渉が得意であったりどの業者でもいい訳では有りません。

出来れば両方が得意な、任意売却を専門とする不動産業者に頼むべきでしょう。


ページトップに戻る